名古屋発バスで行く富士山登山ツアー

年間30万人もの人が行く富士山登山、毎年すごい人気です。誰もが一度は登ってみたい憧れの山です。

多角的な視点から富士山の登山の情報収集がもっと楽になります。

観光貸切バスで登山ツアーが多く売り出されています。

名古屋発のバスツアーもいっぱいあります。毎年登っているリピーターも多いですが、初心者には一番おすすめしたい、観光バスによる富士山登山ツアーです。



ツアー会社はクラブツーリズムやサンシャインツアーなど多くの観光会社が企画して売り出していますが、大体、名古屋発で豊田や岡崎、豊橋、浜松などのお客さんも拾って富士山に向かいます。

殆どが朝7時半ごろの出発で、富士山の吉田ルートスバルライン5合目登山口又は、富士宮ルート登山口5合目に午後2時から3時頃到着し、登山口で高所対応(高山病予防)のため1時間休憩を取ります。

必須です。



それぞれの登山口から午後4時ごろ、いよいよ登山開始です。
おおよそ3時間から4時間かけて8合目の山小屋に到着です。


山小屋は、基本的にどこも雑魚寝です。
本当に仮眠しかとれません。

男女の区別もありません。
寝返りを打つと大変です。


夏山シーズン中はどこもこんな風です。

覚悟がいります。
翌早朝2時頃から頂上を目指して登り始めます。


ご来光が目的です。ヘッドライトを付けてゆっくり登りますが、8合目から頂上は急登になり、体力勝負となります。


特に富士宮ルートは強烈です。


ここでリタイヤする人も少なくありません。

約3時間くらいで、頂上です。

極限に近い体力は、頂上に着いた途端、その疲労が一気にどこかに飛んでいきます。しかし本当の頂上はここではなく剣ヶ峰の頂上です。吉田ルートなら往復1時間半、富士宮ルートなら30分、さらにかかります。


残り少ない体力ですが、もうひと頑張りです。富士山頂上の標識の前で写真をとりましょう。

下山は、楽ですが、捻挫、骨折の事故もありますから、一歩一歩慎重に下りていきましょう。

帰りはバスの中で高いびき、名古屋発のバスツアーは気楽です。